仮想通貨を活用してインフレ対策を施す

多くの方々は、お金に関するリスクを警戒しています。現在は問題なくても、今後は価値が減る可能性も否定できません。それが気になる時は、コインに対する投資も検討してみると良いでしょう。仮想通貨で資産運用して、インフレ対策を施しておく訳です。

インフレに備えてコインに分散する

インフレになってしまう可能性は、決してゼロではありません。現に過去には、日本でもインフレが発生した事はあります。過去に事例がある以上は、今後も同じ事態が発生しないとは断言できません。
インフレになるとどのような問題点が起きるかというと、身の回りの物を買うのが難しくなってしまいます。例えばお店で販売されている物にしても、価格が高騰してしまう可能性があるのです。現時点では150円で販売されている商品も、インフレが起きた後には900円になってしまう可能性もあります。どれぐらい価格が高騰するかは、その時の状況次第です。
ですから人によっては、不動産物件への資産分散を検討している事さえあります。例えば現在の金融資産が1,000万円であれば、その内の半分を不動産物件に充当しておく訳です。
仮想通貨も、その選択肢の1つになる事があります。状況によっては、コインへの分散も検討してみると良いでしょう。

コインに充当して損失額を減らす

例えば上記のように1,000万円の金融資産がある状態で、400万円分だけコインに換金したとします。そしてインフレが発生してしまいました。
この時、コインの価格には影響が及ばない可能性がある訳です。現金の価値は半分以下になってしまう事はあっても、コインにはさして影響が生じない可能性もあります。
現金の価値が半分という事は、残額の600万円から300万円にまで減ってしまう訳です。しかしコインに対しては影響が生じませんから、400万円という資産は維持することができます。
もしも1,000万円が全て現金の状態ですと、損失は500万円になるでしょう。しかしコインに充当しておけば、最大300万円の損失に限定することができます。

コインは増やす事も可能

またコインは、資産運用の手段の1つにもなります。上記のように残額400万円分だけコインがあるなら、それでお金を増やすよう取引する事も可能です。
人によっては、金融投資で利回り100%以上を記録している事もあるのです。それが成功すれば、800万円に増やす事もできます。インフレによる300万円という損失額を上回る分だけ、稼ぐ事も可能です。それも考慮すれば、仮想通貨による運用も検討してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です