仮想通貨と外貨のFXのメリットを比較してみた

仮想通貨は、よく金融投資の取引で活用されています。そもそも仮想通貨は、常に値段は変動しています。ある時は3万円台だったものの、時期が経過すれば2万円台になる事もあります。この仮想通貨による取引は、色々なメリットがあるのです。FXと比較される事も多いです。

仮想通貨のメリットと取引時間の幅広さ

仮想通貨の特徴の1つは、取引できる時間帯の幅広さです。この点は、FXと共通しています。
そもそも金融投資の取引をしたいなら、株もあります。証券会社を経由して株を買い、取引している方も少なくありません。
ただ株の場合は、動いている時間帯は若干限定されてしまうのです。基本的には午前中から15時ぐらいまでに限定されるので、深夜の時間帯に取引するのは困難です。しかし外貨のFXや仮想通貨であれば、基本的には24時間いつでも取引できます。昼間の時間は普段忙しい方にとっては、とても便利です。

簡単に空売りできる

他にもメリットはあります。仮想通貨であれば、簡単に空売りできるのです。
そもそも現物株のような投資商品の場合は、原則として買い注文に限られてしまいます。売りから入れるのではなく、あくまでも株の買い注文だけになってしまいます。それだけに、株は取引チャンスが限られてしまう事も多いです。
それに対して仮想通貨であれば、売りから入る事もできます。いわゆる空売りですが、仮想通貨のレートが下がった時でも利益が発生するのです。FXも、空売りできます。
株の場合は、株価が下がってしまえば損失が発生しますので、下落相場では稼ぎづらい傾向があります。その点仮想通貨であれば、下落基調でも稼ぐ事ができます。

取引できる曜日は仮想通貨の方が幅広い

このように仮想通貨とFXは、共通要素も多いです。ただ両者は大きく異なる点もあって、取引できる曜日は仮想通貨の方が幅広いです。
というのも仮想通貨なら、土曜日や日曜日でも取引することができます。たとえ日曜日でも、仮想通貨のレートは動いているからです。
FXの場合は、そうではありません。日曜日になると、全世界のマーケットは閉まってしまいますから、否応なしに取引できない状態になるのです。基本的には、平日限定になってしまうデメリットがあります。株よりは取引時間帯は幅広いですが、それでも土日は休業日になる訳です。
しかし仮想通貨の場合は、たとえ日曜日でも取引できますので、とても便利です。ですから最近では、外貨のFXでなく仮想通貨に注目している方も増えてきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です