海外のFX業者を選ぶ際に注意すべきこと

海外FXは国内よりもレバレッジが高く、追証なしでゼロカットシステムがあり入金額以上の損失を受けないなどの魅力があります。国内の業者はレバレッジが最大でも25倍で今後は10倍に制限されることが予定され、損失が出れば追証として請求されるためデメリットが多いです。以上のような点から海外FXをすれば一獲千金を手軽に狙いやすいと考えるトレーダーも多いですが、実際には安易に考えると落とし穴にハマってしまうこともあります。

海外の業者とトレードをする時は日本語対応がなければトラブルや疑問点があっても問い合わせることができないため、事前に確認してから選ぶことが必要です。また、資金管理は国内のように金融庁から指導されていないため、信託保全がなく倒産すれば預けた資金を失うこともあります。他にも、スプレッドが広く取引コストが増え、スキャルピングをする際に不利です。海外の業者は国内と違って銀行入金ではなくクレジットカードや仮想通貨をメインに扱い、現金ですると手数料がかかることや入金が遅くなることもあります。このため、海外FXをする際にはデメリットを確かめ、それなりにリスクがあることを認識することが大事です。また、新しい業者を中心に金融ライセンスがなくて出金を拒否されることもあり、事前に確認してから決めないと利益を出しても現金を受け取れないため無意味になります。

逆にメリットは取引方式は国内の業者と違ってNDD方式が中心で、ディーラーが介入しないことで約定スピードが早く利益が出ないよう操作される心配がなくて安心できます。他にも、新規口座開設でボーナスをもらえトレードの資金として使え、未入金でもできることが特徴です。このため、初心者であれば未入金トレードを体験し、使い心地を確かめると選ぶきっかけになります。海外の業者はレバレッジが高いと少ない資金でも大きいポジションを持て、当たれば多くの利益を出せるローリスクハイリターンが特徴です。

以上のように、国内の業者で限界があれば海外の業者を選ぶと一獲千金の夢も実現できますが、安心してトレードができるか確認して決める必要があります。また、FXは社会情勢の変化などで価格変動リスクが大きく、近年では銀行が倒産しやすくなっているためうまく見極めることが大事です。このように、一獲千金を夢見て高いレバレッジをあてにせず、日本語対応やサポートなどを確かめてから業者を選ばないといけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です